2019年02月16日

疲れた胃腸はやはりキャベツと大根!!

食欲がないときはキャベツを千切りにして頂くかキャベツをジューサーにして食前に飲みます。


弱った胃にビタミンU (キャベジンとも呼ばれ、興和の同名の薬品他、様々な胃腸薬の成分となっています。


水溶性の化合物であり、熱に弱いです。


あくまで生食での効果です。


胃酸の分泌を抑え、胃粘膜の修復を助けて胃潰瘍を防止する作用がある、アブラナ科の植物に特に多く含まれています


そして食後には大根おろし


★大根おろしに医者いらず!?


大根もアブラナ科の野菜


大根にはアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなどの消化酵素が豊富に含まれていますが、これら酵素は熱に弱いため、加熱をともなう調理法では有効に利用できません。

食欲がないときはキャベツを千切りにして頂くかキャベツをジューサーにして食前に飲みます。


弱った胃にビタミンU (キャベジンとも呼ばれ、興和の同名の薬品他、様々な胃腸薬の成分となっています。


水溶性の化合物であり、熱に弱いです。


あくまで生食での効果です。


胃酸の分泌を抑え、胃粘膜の修復を助けて胃潰瘍を防止する作用がある、アブラナ科の植物に特に多く含まれています


そして食後には大根おろし


★大根おろしに医者いらず!?


大根もアブラナ科の野菜


大根にはアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなどの消化酵素が豊富に含まれていますが、これら酵素は熱に弱いため、加熱をともなう調理法では有効に利用できません。


大根おろしとして生のまま


すりおろすことで消化を助ける効果をはじめて得ることができます。


さらに大根おろし汁でうがいをすると口内炎や虫歯、歯肉炎など口の中の炎症に効くとも言われています。


イソチオシアネートの持つ殺菌作用によるもの、さらに、蜂蜜を加えて飲むと咳や喉の痛み、声枯れ、二日酔いによいとする民間療法も知られています。


これらはあくまで生食での効果です。

大根おろしとして生のまま


すりおろすことで消化を助ける効果をはじめて得ることができます。


さらに大根おろし汁でうがいをすると口内炎や虫歯、歯肉炎など口の中の炎症に効くとも言われています。


イソチオシアネートの持つ殺菌作用によるもの、さらに、蜂蜜を加えて飲むと咳や喉の痛み、声枯れ、二日酔いによいとする民間療法も知られています。


これらはあくまで生食での効果です。

posted by 東洋整体療術院 at 19:46| 滋賀 ☁| 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

食べ物の豆知識

◆心臓の肥大化防止に最も効果が高い食べ物は?

★ウコン

ウコンにはクルクミンという成分が入っていて、これは心臓の肥大化を防いでくれることがラットの実験でわかっています。

現在、人間でも効果があるか研究されています。


◆やる気をアップさせたい時に食べるといいのは?

★海藻サラダ

やる気を上げる甲状腺ホルモンの材料となるのが海藻などに含まれるヨウ素です。


◆ニンジンは目の疲労などに効果的なカロテンを含んでいます。


◆集中力をアップさせたい時に食べるといいのは?

★チョコレート

チョコレートの苦味成分・テオブロミンや独特の香り成分が脳を刺激して、眠気を覚まし、 集中力を高める効果が期待できます。


◆記憶力をアップさせたい時に食べるといいのは?

★煮豆

大豆にはコリンという成分が入っています。

コリンは脳の中でも記憶を司る海馬を発達させる働きがあることがわかっています。

posted by 東洋整体療術院 at 19:56| 滋賀 ☁| 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

冬こそみかんでダイエット

冬こそダイエットチャンス。

厚着や重ね着をして暖房をつけないダイエット。

漢方にも使われている冬の果物の王様 蜜柑「みかん」

蜜柑が色づけば医者が青なる。


蜜柑が風邪予防や免疫力活性「癌予防」のほか、メタボ予防にもなるんです。

特に温州みかんが効果一番です。

蜜柑色素のβクリプトキサンチンがメタボ予防になります。

目安は一日2個〜3個。


正し、お上品に袋や、白い糸部分を食べない人は駄目。

蜜柑の白い部分は人間で言えば血管です。

脂肪代謝のペクチンです。

袋は植物繊維です。

蜜柑は白い部分と袋ごと良くかんで食べましょう。


=みかんの漢方てき効能=


みかんに含まれる成分と機能


ヘスペリジン アレルギー作用抑制、毛細血管強化、高血圧抑制、

                    血中中性脂肪分解、発ガン抑制 、食物繊維 便秘予防、静脈瘤防止

シネフリン        交感神経の作動

ビタミンC         風邪予防、肌荒れ防止

フラボノイド     高血圧の抑制、毛細血管の保護

β・カロチン       結膜炎、夜盲症の予防、免疫力の向上

β・クリプトキサンチン 発ガンの抑制

オーラプチン    発ガンの抑制

ノビレチン       発ガンの抑制

リモノイド       発ガンの抑制

クエン酸         疲労回復効果

ペクチン         整腸作用、便秘・下痢解消

カリウム         高血圧抑制、筋肉疲労の防止

カルシウム      歯・骨格形成、精神安定

リン               歯・骨格形成、エネルギー伝達

香り              覚醒作用、免疫システムの改善


心当たりの方はみかんを食べましょう!!

posted by 東洋整体療術院 at 19:24| 滋賀 ☀| 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする