2020年01月17日

浮き指の話

■浮き指とは?

指に力がかかっていない状態=「浮き指」となります。

具体的には,足指が浮いていて地面に接していない,足指を浮かせて指の付け根部分で歩いてしまう歩き方をしている人は浮き指になっています。

でも,立っている時,歩いている時の足指なんてあまりきにしたことのない方も多いのではないでしょうか。

そのため,自覚症状がないのも浮き指の特徴でもあります。

■浮き指の原因って?

現代の環境は昔のようの裸足で歩くことが少なく,靴下で足を覆い,靴を履いてしまうため,足指の力が退化しやすくなってしまっているようです。

また,年をとり,歩く機会が少なくなると,足の指の力も衰えます。

そのような,弱った足指の足で靴を履き歩こうとすると,靴が脱げないように無

意識のうちに足指を靴の内側に引っ掛けるように指先を上げたまま,足を運ぶといった癖がついてしいます。

中高年では,80%の人が浮き指になっているといわれています。

■そのままにしておくと

歩くときの足指の役割を知っていますか?足指で地面をしっかり踏んで蹴ることで,前へ進みます。

足や腰の筋力をバランスよく使う始点にもなっているのです。

しかし,この浮き指の状態が続くと,体重を上手く支えることが出来ずバランス良く筋肉を使えなかったり,膝などの関節に負担がかかりやすくなり,腰痛・ひざ痛,危険な転倒につながるといわれています。

■自分が浮き指かチェックしよう!

足の親指が 90 度以上反ってしまう・足指の背にタコができている・足指の付け根の部分(足裏)の皮膚が固く分厚くなっている。

■浮き指の改善方法

◎足指ストレッチ

1.足の指を広げて,手の指を,足の甲から足裏に向けて,足の指の間に挟むように入れます。

2.手の指を握り込むようにすると,足の指もつられて丸まります。

※ストレッチは毎日5回を目安にしてください。

※痛みを感じる場合は,浅めに手の指を入れたり,回数を減らして始め,徐々に負荷をかけていくようにしてください。

◎足指力トレーニング

タオル寄せ運動

床にタオルを敷いて,タオルの上に立ったまま(できない人は椅子などに腰をかけたまま),足の付け根を深く曲げる意識でタオルを引き寄せていく

グーチョキパー

足の指を内側に丸めてグー,次ぎにその状態で親指だけを立ててチョキ,最後に足全体を床に付けてパーにして,足の指の運動をする。

※1 日 20 回を目安に行うと効果的です。

posted by 東洋整体療術院 at 19:03| 滋賀 ☁| 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

インフルエンザとビタミンD

『2020/01/11 05:19 ウェザーニュース』より

インフルエンザが毎年冬に流行するのは低温や乾燥が大きな理由といわれますが、日照時間が短くなることで、日光に当たってつくられるビタミンDが不足することも理由のひとつと考えられています。

ビタミンDにはインフルエンザを予防する効果があるようです。

ビタミンDで感染が2割減少

ビタミンDがインフルエンザを予防するという研究はいくつか発表されています。たとえば、東京慈恵会医科大学の浦島充佳教授らの国際共同研究チームが、ビタミンDの投与と呼吸器の感染症との関係を調べた世界の25の報告を統合し、1万1000人分のデータを分析しました。

この結果、ビタミンDの錠剤を飲んだグループは、飲んでいないグループに比べて、インフルエンザや気管支炎、肺炎などの呼吸器感染症の発症が2割少なかったのです。

特に血中のビタミンD濃度が欠乏状態にある人では、ビタミンDを飲んでいたグループは発症が7割少なく、ビタミンDのインフルエンザ予防効果が確かめられました。

冬季は血中ビタミンD濃度が低下

浦島教授によると、血中のビタミンD濃度は季節変動していて、8月に最高、2月に最低となり、その差はおよそ2倍となります。

そこで浦島教授らはインフルエンザ流行期に小・中学生334人を2つのグループに分け、一方にビタミンDサプリメントを飲ませ、もう一方に偽薬(プラセボ)を飲ませました。

するとインフルエンザに感染した子はビタミンD群が18人(10.8%)、プラセボ群が31人(18.6%)で、ビタミンDは感染を42%抑える効果が確かめられたといえます。

体内のビタミンDを増やす3つの方法

ビタミンDにインフルエンザを予防する効果があるなら、積極的に利用したいものです。体内のビタミンDを増やすには3つの方法があります。

(1)日光浴をする

日本ビタミン学会は日光浴でビタミンDを生成するには、1日当たり、夏季は約30分、冬季は約1時間浴びることを推奨しています。日光浴でインフルエンザを予防するには、1時間以上は日光を浴びる必要があるようです

(2)食事から摂る

厚生労働省の『日本人の食事摂取基準』によると、成人の1日摂取目安量は、最低5.5μg(マイクログラム)、上限50μgを推奨しています。ビタミンDが豊富なのは魚類(たとえばイワシ100gで50μg)ですが、穀類・肉類・豆類・乳製品にはほとんど含まれていません。魚を食べない人はビタミンD不足に陥っているかもしれません。

(3)ビタミンDのサプリメントを飲む

緯度が高い北欧では、日照時間が短くなる冬季は積極的に日光浴をしたり、ビタミンDのサプリメントを飲むそうです。日本でもビタミンDのサプリメントは比較的安価なので、日光浴をしたり食事から摂取するのが難しい人はサプリメントで体内のビタミンDを増やすのが良いかもしれません。

posted by 東洋整体療術院 at 13:05| 滋賀 ☁| 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

風邪に良い食べ物

風邪を引いた時の対処法は、薬もいいですが、なんといってもバランスのとれた栄養をとり、十分な睡眠をとることです。

軽い症状ならこれだけでもずいぶん回復できます。もちろん、症状が軽くても重くても、薬さえ飲んでいれば大丈夫、というわけでなく、栄養や睡眠をとることは必要不可欠です。

★風邪によく効くと言われている野菜がだいこんやねぎ。

この冬風邪を引いたら、薬の前に試してみよう!

★昔からの知恵

風邪は現在主流の西洋医学が始まる前から、人間とともにありました。

そして何年もかけてあみ出されたのが、多くの「民間療法」。

風邪と戦う身体を、おばあちゃんの知恵で乗り越えましょう!

☆紅茶や緑茶でうがい

お茶に含まれるカテキンの殺菌能力は、すべてのタイプのインフルエンザ・ウイルスに効力があります。

安いお茶でもいいので、朝起きた時や外から帰った時に紅茶や緑茶でうがいをしましょう。

風邪にかかる前から試してみてください。

☆大根アメ(のどの痛みや咳に)

大根を1cmほどの角切りにして、蜂蜜に半日以上漬け込みます。

大根から水分が出て、浮いて来たら出来上がり。

上澄み液をそのまま、またはお湯に溶かして飲みます。

大根をすりおろして蜂蜜と和える方法もあります。

いずれの方法も、皮の方に栄養素が多いので、皮をむかない方が効果的です。

喉の痛みを和らげ、熱を下げる効果があると言われています。

☆しょうが湯(咳と痰切りに)

中国で生薬に使われるしょうがには、血液の循環をよくして体を温め、発汗させる作用があります。

しょうがをおろし、その汁ひとつまみ分を湯のみに入れ、熱いお湯を注ぎます。

そのまま飲んでもいいし、好みで黒砂糖かはちみつを少々加え、よくかき混ぜて飲みましょう。

鼻がつまった時に効果的です。

☆梅干湯(梅には解熱作用があります)

梅干としょうがの絞り汁、好みで黒砂糖を湯のみに入れ、熱いお湯を注いで飲みます。梅干を焼いてそのまま食べるか、お湯を注いでつぶして食べても。

体を温めてくれます。

☆卵酒(消化がよく栄養豊富)

卵を良く溶きほぐし、日本酒と混ぜあわせて弱火にかけ、絶えずかき混ぜます。

とろりとしてきたら火から下ろし、黒砂糖か蜂蜜をお好みで混ぜて出来上がり。

火が強いと卵が固まってしまうのでご注意を。

1個に酒1カップが目安です。

卵は良質のたんぱく質が豊富で、半熟が一番消化のよい状態です。

日本酒の効果で体も温まりますが、お酒の弱い人は控えめに。

先に煮きってしまうか、酒を減らして水で調節しましょう。

また日本酒を牛乳に替えて、ブランデーやラム酒を大さじ13ほど加えると、西洋版卵酒・エッグノッグ風になります。

☆にんじんスープ

ビタミンAは、鼻やのどの粘膜を丈夫にし、風邪のウイルスの侵入を防ぎます。

体内でビタミンAに変わるカロチンを多く含む、にんじんを食べましょう。

にんじん1本を輪切りにして、1カップの水でゆで、にんじんが柔らかくなったらゆで汁ごとミキサーにかけ、クリーム状にする。これを火にかけて、牛乳大さじ2、塩・こしょうで味を整えて。

熱がある時は、冷たくしたスープを飲んでもいいですよ。

☆みかん

風邪のひき始めにみかんを皮ごと、黒くなるまで焼いて食べます。

又はホットレモンのレモンの代わりにみかんのしぼり汁に熱湯を注ぎ、好みで黒砂糖や蜂蜜を入れ、熱いうちに飲見ます。

布袋に入れたミカンの皮を風呂に入れ入浴すると体が温まり湯冷めしにくいです。

☆くず湯

水とくず粉を鍋に入れよく溶いてから加熱します。

加熱しながらかき混ぜ、くずにとろみがついて透明なったら熱いうち飲みます。

塩又蜂蜜や黒砂糖で味をつけても良いです。

またすりおろしたしょうがを入れてもよろしいでしょう。

posted by 東洋整体療術院 at 18:19| 滋賀 ☀| 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする