2018年04月21日

春の紫外線量は真夏と同じ!?

★ボロボロの「4月肌」に?


こすりシミ

乾燥のために、肌がかゆくなってきて顔をかいたり、運動後に顔をゴシゴシタオルなどで拭いたり、花粉症で鼻のかみ過ぎなどの原因でシミができてしまいます。

これからの季節は黄砂や花粉が舞い始める季節なので、顔をこする機会が増えるため注意が必要です。


★見えない日焼け

3月頃の紫外線の量は8月のお盆頃の紫外線量とほぼ変わりません。

秋から冬にかけては日差しが弱く、2月が1年でもっとも肌が白い状態になっているためこの季節に日焼けをしても変化が小さく、黒くなりずらいために気が付かないですが、たくさん紫外線は浴びています。

紫外線の肌へのダメージは蓄積していきますし、地域によっても変わってきます。

紫外線の量の違いにより、九州地方の人は40歳の時に、東北地方の人の60歳時のシミの面積になってしまいます。


★危険度ワースト1


ストレスニキビ

実は、大人でもニキビはでき、老化の始まりだとも言われています。


このニキビの原因はストレスで、今までニキビができたことのない人にも関係なくできることがあります。

10代の頃の青春にニキビとはちがい,20代になるとにきびの位置が下の方へ下がってきてフェイスラインにできます。


これが、ストレスニキビです。


これからの1か月は入学・入社で親元を離れて食事のバランスが崩れたり、人事異動による職場環境の変化などのストレスによって、このストレスニキビができる可能性があるので事前の対処が必要です。


★今すぐできるストレスニキビ対策


  1. 12時は寝て6時間以上の睡眠をとるべし

  1. 寝る前に水を1杯飲むべし

  1. 食物繊維をとるべし
posted by 東洋整体療術院 at 16:25| 滋賀 | 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする