2018年07月14日

夏の快眠にお薦め!

夜も、寝苦しくてなかなか寝付けないという人も多いのでは?そんなときこそ、おススメしたいのが「長風呂」。

 体にまとわりつく汗を洗い流すために、シャワーのみで済ませがちなこの季節ですが、ちゃんと湯舟につかることが、蒸し暑い夜の快眠につながるんです。

 人間は体の芯の体温・深部体温が上昇していくと眠れなくなります。

クーラーで体を冷まして、夜眠る前にクーラーを止めて寝ようとすると、体温は上がる一方。

 体温がドンドン上がってきて寝苦しくなってしまうのです。

だからといってクーラーをつけっぱなしにして寝てしまうと、風邪の元にもなりがち。

 本来は、眠り始めて以降、どんどん体温が下がってくるのがベター。

熱が外へ放出されてスムーズに眠りに入れるのです。

 もともと人間は体温調整をして自然に眠りに入れるようにできています。

ところが、クーラーなどで体の本来の機能が働きにくい状況ができてしまうので、意図的に体が眠りにつきやすい状態にしてあげる必要があるのです。

 そのために、バスタイムをしっかりととって、体を温めることが大切。

体の深部まで温まってきたら、バスルームを一歩出た後は体温は下がる一方です。

 このタイミングでベッドルームへ。

体から熱がジワジワと放出されているこのときに体を横たえれば、まぶたが重くなってすぐに夢の中に入れますよ。

「そんなこと言ったって、暑いこの時期に湯船につかるのは辛い」こんな声が聞こえてきそうですが、全身から湯船につかる必要はないんですよ。

 半身浴でジックリと汗をかくまで入れば、深部体温がしっかりと上がるうえ、ダイエットにもなりますので、一石二鳥。

posted by 東洋整体療術院 at 17:05| 滋賀 ☀| 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする