2018年09月08日

コレステロールは栄養!?

コレステロールと言えば、血管にたまって動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞など命に関わる病気の原因となる悪いやつ・・・

というのはもはや常識。

誰もが一度は聞いたことがある善玉・悪玉の話や、コレステロールを下げる食品の話など、さまざまな情報があふれています。

「卵に含まれているコレステロールは善玉?悪玉?」この質問に、自信をもって答えられる人は、驚くほど少ないです!


★意外と知らないコレステロール、コレステロールは栄養!

「コレステロール=悪いもの」というイメージがすっかり定着していましたが「体にとって重要な栄養素の1つ」でもあるのです。

「コレステロールを減らそう」と、がんばり過ぎて、「低栄養」になってしまうケースもあるとのこと気をつけたいです。


★コレステロールで血管は若返る!

最新研究 血管の内側にコブのようなふくらみ(=プラーク)ができる「動脈硬化」。

これまでは、プラークを「大きくならないようにする」ことはできても「小さくする」ことはできないと考えられてきました。

しかし、最新の研究ではそれが変わってきています。

実際の患者さんの血管の中で、いわば「血管若返り」といえる現象が起きることが分かってきたのです。

動脈硬化を改善する方向へ進める主役となる物質は、“善玉コレステロール”です.

コレステロールの話で必ずといって良いほど出てくる、善玉・悪玉という言葉。


★善玉・悪玉って何が違うの?

コレステロールは細胞を包む膜(=細胞膜)の材料で、すべての細胞に含まれています。

でも、細胞の中のコレステロールは善玉でも悪玉でもありません。

いわば、ただのコレステロール。

実は、善玉・悪玉と呼ばれるのは「血液中を運ばれているとき」だけなのです。

血液中でコレステロールを運ぶのは「たんぱく質」です。

たんぱく質には、大きく2種類あり、肝臓から細胞へと新しいコレステロールを配達するものと、細胞から古いコレステロールを回収して肝臓へ捨てに行くものがあります。

いわば配達トラックと回収トラックです。

この、配達トラックと積み荷のコレステロールをあわせて“悪玉コレステロール”と呼び、回収トラックと積み荷のコレステロールをあわせて“善玉コレステロール”と呼んでいます。


★積み荷のコレステロールそのものは同じ。

運んでいるトラックと、運ばれていく方向が違うだけなのです。

ですから、卵などの食品に含まれているコレステロールにも善玉、悪玉という区別はありません。

私たちが食べた後、吸収されたコレステロールが血液中を運ばれるとき、善玉になったり悪玉になったりするのです。

posted by 東洋整体療術院 at 20:04| 滋賀 ☔| 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする