2019年02月02日

冬こそみかんでダイエット

冬こそダイエットチャンス。

厚着や重ね着をして暖房をつけないダイエット。

漢方にも使われている冬の果物の王様 蜜柑「みかん」

蜜柑が色づけば医者が青なる。


蜜柑が風邪予防や免疫力活性「癌予防」のほか、メタボ予防にもなるんです。

特に温州みかんが効果一番です。

蜜柑色素のβクリプトキサンチンがメタボ予防になります。

目安は一日2個〜3個。


正し、お上品に袋や、白い糸部分を食べない人は駄目。

蜜柑の白い部分は人間で言えば血管です。

脂肪代謝のペクチンです。

袋は植物繊維です。

蜜柑は白い部分と袋ごと良くかんで食べましょう。


=みかんの漢方てき効能=


みかんに含まれる成分と機能


ヘスペリジン アレルギー作用抑制、毛細血管強化、高血圧抑制、

                    血中中性脂肪分解、発ガン抑制 、食物繊維 便秘予防、静脈瘤防止

シネフリン        交感神経の作動

ビタミンC         風邪予防、肌荒れ防止

フラボノイド     高血圧の抑制、毛細血管の保護

β・カロチン       結膜炎、夜盲症の予防、免疫力の向上

β・クリプトキサンチン 発ガンの抑制

オーラプチン    発ガンの抑制

ノビレチン       発ガンの抑制

リモノイド       発ガンの抑制

クエン酸         疲労回復効果

ペクチン         整腸作用、便秘・下痢解消

カリウム         高血圧抑制、筋肉疲労の防止

カルシウム      歯・骨格形成、精神安定

リン               歯・骨格形成、エネルギー伝達

香り              覚醒作用、免疫システムの改善


心当たりの方はみかんを食べましょう!!

posted by 東洋整体療術院 at 19:24| 滋賀 ☀| 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする