2019年11月30日

風邪・インフルエンザ…冬の病気は乾燥から!乾燥の恐怖?

風邪・インフルエンザ…冬の病気は乾燥から!?


隠れ乾燥と冬脱水を防げ!


どのくらいの乾燥で影響が出る?


湿度が40%を下回ると体に様々な異常が出始めると言われています。


一般家庭の部屋の湿度は約30%。


広い部屋の方が湿度が低く、電気ストーブやエアコン、こたつ等があるとさらに乾燥することになります。


和室は、天然の畳であればイグサの呼吸で湿度が調整されますが、人工のものでは調整効果がありません。


学校、百貨店、美術館、事務所などは湿度40%〜70%に保つように定められています。


病室は40%〜50%に保つようになっています。


60%以上になるとカビ等が繁殖しやすくなる為です。


ホテルは、音漏れを防ぐ為に気密性が高くなっていて湿度が約25%〜30%と乾燥していると言われています。


★乾燥の恐怖


風邪・インフルエンザ


乾燥して湿度が40%以下になるとウイルス自体の水分が蒸発して軽くなるので、約30分ウイルスが舞い続けることができると言われています。


インフルエンザウイルスは低湿度・低温度が大好きなので、湿度が20%以下になると66%のウイルスが6時間生存できると言われています。


★乾燥の恐怖


心筋梗塞・脳梗塞


冬は夏よりも水分をとらなくなってしまい、乾燥していることで血液が濃縮されてドロドロになってしまいます。


そして血栓ができやすくなり、血圧も高くなって脳梗塞や心筋梗塞の危険性が高まるのです。

posted by 東洋整体療術院 at 18:55| 滋賀 ☁| 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする