2018年05月19日

解明されたコラーゲンの新事実!

骨・髪・肌・筋肉の老化を遅らせる!?

解明されたコラーゲンの新事実!

コラーゲンの曲がり角は20歳から!

コラーゲンの全体量というのは年をとっても減るということはありませんが、注意しなければならないのはコラーゲンも老化するということ。

コラーゲンはいつも壊れては作られ新陳代謝を繰り返しています。

年齢が上がると新陳代謝のスピードが落ちるので、新しく作られるコラーゲンの量は年を取るごとに減っていくことになります。

コラーゲンは老化すると固くなってしまいます。

皮膚のほとんどはコラーゲンでできていますから、コラーゲンが固くなることで肌のハリが無くなります。


★骨の大半はコラーゲンで出来ていた!

骨の成分の50%はカルシウムでもう50%はコラーゲンです。

建物でいうと鉄骨の部分がコラーゲンで、コンクリートの部分がカルシウムというイメージです。

コラーゲンが老化すると骨が折れやすくなってしまいます。

★抜け毛の原因はコラーゲンだった!?

抜け毛には頭皮の真皮という部分が関わっていますが、この真皮の70%はコラーゲンでできているので、コラーゲンが不足すると真皮の新陳代謝も落ちていきます。

つまり毛の根本にきちんと栄養が行っていないために抜け毛が起こるということです。

※数ある抜け毛の原因の1つです。

健康維持に 15gのコラーゲンが必要

1日5gのコラーゲンを摂取するには?

コラーゲンは大量に食べても病気になるほどの被害はまず起こりません。

しかし、不足すると大変なことになります。

15gのコラーゲンを摂取するには】

さんま…16匹(約2.5kg

鶏ガラスープ…約1.2

鮭…2.5切れ(皮も食べるとして)(約250g

マシュマロ…約250g

鶏なんこつ…1.5人目

手羽先…4本(約140g

ちりめんじゃこ…約22g

牛すじ…約16g

うなぎ…約14g

フカヒレ…約7g(フカヒレの99%はコラーゲン)

posted by 東洋整体療術院 at 19:08| 滋賀 ☀| 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

5月病撃退食事の工夫

食育・食養などの普及活動を行っている国際食学協会(IFCA)は「気力がわかない」「ボーッとする」「憂鬱になる」などの症状を、食事で緩和させる“5 月病対策レシピ”を提案しています。

 同協会が“5月病対策”として挙げているポイントは「イライラを解消」「神経をリラックス」の2点です。

 気分が落ち着かないときにカルシウムやビタミンCを摂取すると良いというのはお馴染みですが、心身が疲れている時や元気がない時ほど食べたくなる“甘いもの”については意外なことに、「白砂糖の摂取は控えた方が良い」といいます。

★白砂糖を食べると血糖値が急上昇します。

その血糖値を下げるために体内でインスリンが働きますが、そのとき一瞬にして低血糖状態になってしまうのです」と同協会。

 低血糖状態が続くと体内では神経興奮作用のあるアドレナリンが分泌されるため、甘味が欲しい場合は白砂糖よりも血糖上昇率が低い甜菜糖(てんさいとう)がベストなんだそうです。

posted by 東洋整体療術院 at 14:53| 滋賀 ☁| 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

ダイエット成功のために適量の炭水化物を!

ダイエットのために、炭水化物を含むごはんなどの主食を極端に減らす人がいますが、成功のためには、適切な量の炭水化物を摂取することが必要です。

炭水化物には体を動かすエネルギー源の"火種"となって脂肪を燃焼させる働きがあるため、摂取量が少なすぎると体についた余分な脂肪を減らすことはできません。

また、適切な量の炭水化物は、脳の働きをスムーズにしたり、たんぱく質の燃焼を防いで筋肉量を保ったりするなどの効果もあります。

一方で、炭水化物を過剰に摂取すると脂肪につくり替えられて体内に蓄積し、肥満の原因となります。

炭水化物の1食の目安量は、例えばごはんなら男性3040歳代で大きめの茶碗1杯(250g)、5070歳代で大きめの茶碗1杯弱(200g)、女性では茶碗1杯(150g)です。

また芋類や果物は炭水化物を含みますが、主食とは別に適量をとりたい食品です。

減らしすぎやとりすぎに注意しましょう!!

posted by 東洋整体療術院 at 17:21| 滋賀 | 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする