2019年03月09日

噛めば噛むほど健康にいい!

「咀嚼」そしゃくには食べ過ぎを抑える働きがあります。

調理技術の進歩によって、軟らかい食べ物が増えてきましたが、その反面、現代人の噛む力(咀嚼力)は、弱まっているといわれています。

それは、弥生時代の人と比べると、「6分の1ほど」という説もあるくらいです。

噛むことは、単に食べ物を細かくするだけでなく、私たちの健康を保つために、とても重要な働きがあるのです。

@胃腸担を減らす

食べ物をある程度細かく砕いておけば、胃腸の負担が軽くなります。

また、唾液にはアミラーゼと呼ばれる炭水化物分解酵素が含まれています。

噛むほど唾液量は増加し、食物の分解が促進されます。

A顔の筋肉を鍛え、若さを保つ

咀嚼は血行がよくなり、表情筋が鍛えられるので、しわ防止や若々しい表情作りにもつながります。

B丈夫な歯を保つ

唾液には、歯・歯肉の洗浄、歯石防止、歯周病予防などの効果があります。

また上下の歯をしっかりかみ合わせることで、歯根に刺激が伝わり、歯とそれを支える顎の骨が強化されます。

C肥満・糖尿などの生活習慣予防、ダイエットにも!

咀嚼によって味覚が刺激され、脂肪代謝を刺激するホルモンであるノルアドレナリンが分泌されます。

また、食事の時間が長くなることで、大脳の満腹中枢が働くため過食も解消されます。

☆噛んだ刺激が脳に伝わると、反射神経や記憶力、認識力、判断力、集中力なども高まります。

★一般的には「咀嚼30回」が勧められていますが、数えることも大変です。

まずはよく噛むことを意識して、食事をしてみてはいかがでしょうか?

posted by 東洋整体療術院 at 17:38| 滋賀 ☀| 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

食べる順番を変えるだけで健康になれるのです!!

男性も女性もいつまでも元気でいられる食べ方って知っていますか?

食事をするときには、先に食べたものが体に吸収されやすいという原則があります。

ですから、同じメニューでも食べる順番を変えるだけで体への影響が変わってくるのです。

しかも、男性と女性では体の違いから食べ方が違うのです。

実は、女性は男性に比べて老化が早いのです。

ですから、食事を少しずつまんべんなく補うことが大切です。

食べたいものを先に食べてしまうと、後に食べるものの吸収が悪くなってしまいます。

潤いを補うために食後のフルーツもお勧めです。

一方男性はというと、働きすぎや乱れた食生活で体に余分なものがたまっている傾向があります。

ですから、それを追い出すために野菜から食べることをお勧めします。

こうすることで、主食の食べ過ぎを防ぎ、肥満や生活習慣病の予防にもなります。

どうですか?同じ食事でも、ちょっと食べ方を変えるだけで男性も女性も健康になれるのです。


是非試してみて下さ!!

posted by 東洋整体療術院 at 15:47| 滋賀 | 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

解明されたコラーゲンの新事実!

骨・髪・肌・筋肉の老化を遅らせる!?


★解明されたコラーゲンの新事実!


コラーゲンの曲がり角は20歳から!


コラーゲンの全体量というのは年をとっても減るということはありませんが、注意しなければならないのはコラーゲンも老化するということです。


コラーゲンはいつも壊れては作られ新陳代謝を繰り返しています。

年齢が上がると新陳代謝のスピードが落ちるので、新しく作られるコラーゲンの量は年を取るごとに減っていくことになります。


★コラーゲンは老化すると固くなってしまいます。


皮膚のほとんどはコラーゲンでできていますから、コラーゲンが固くなることで肌のハリが無くなります。


★骨の大半はコラーゲンで出来ていた!


骨の成分の50%はカルシウムでもう50%はコラーゲンです。


建物でいうと鉄骨の部分がコラーゲンで、コンクリートの部分がカルシウムというイメージです。


コラーゲンが老化すると骨が折れやすくなってしまいます。


★抜け毛の原因はコラーゲンだった!?


抜け毛には頭皮の真皮という部分が関わっていますが、この真皮の70%はコラーゲンでできているので、コラーゲンが不足すると真皮の新陳代謝も落ちていきます。


つまり毛の根本にきちんと栄養が行っていないために抜け毛が起こるということです。


※数ある抜け毛の原因の1つです。


◆健康維持に 1日5gのコラーゲンが必要


1日5gのコラーゲンを摂取するには?

  

コラーゲンは大量に食べても病気になるほどの被害はまず起こりません。

しかし、不足すると大変なことになります。


15gのコラーゲンを摂取するには】


さんま…16匹(約2.5kg


鶏ガラスープ…約1.2?


鮭…2.5切れ(皮も食べるとして)(約250g


マシュマロ…約250g


鶏なんこつ…1.5人目


手羽先…4本(約140g


ちりめんじゃこ…約22g


牛すじ…約16g


うなぎ…約14g


フカヒレ…約7g(フカヒレの99%はコラーゲン)

posted by 東洋整体療術院 at 10:00| 滋賀 | 健康豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする